忍者ブログ
[169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何というかこのブログの存在を自分さえもが全力で忘却の彼方に。

 慢性的にネタ不足なのはしかたないので日頃考えていることでもつらつらと書いてみようかと思いまして以下そんな感じで。


・運命はある気がする。とはいっても結果側から過程を振り返った時に使う言葉として。

 中三のとき押しつけられなかったら自分はラノベを読むことなかったし、サイトを教えられなければ携帯小説を読んでみることもなかったろうし、部活の同級生とホームページ作ってリレー小説かかなければ「どうやれば上手くなるんだろーか」と小説評価サイトにも訪れなかったし、そこからごちゃごちゃ経由してたまたま「エルマタドーレ(削除されてた…)」を読まなければなろうの存在を知らなかったはずだし、気紛れで評価依頼を受けなければM・Kとも知り合わなかったし、ムチャ企画に参加したことでブログはじめなければ色々な方と生涯交流することもなかったし。

 こういう一つ一つは微々なきっかけの連鎖があって今に至ってると思うと感慨深いもんです。



・見方を変えてみること

「じゃあ言うよ? ……大人にはね、サンタの正体をしらないひとは一人もいないんだって。みんなが正体に気づいた? そうじゃない。そのおねーちゃんが言うには、大人になるまでにサンタの正体に気づけなかったひとが……消されてしまうんだって」
「なるほど。しらない人が消えるから、残ったひとはみんなしってるってことだね」
「こえーサンタこえー!」

 以上はムチャ企画で最初に書く予定だった「きんだーがーでんチャイルド!」での園児三人の会話。大学入ったら漫画として自分で書くか誰かに書いてもらう予定。
 こういう風に観点をかえて物事を観察してみることがいつでも出来ればいろいろ飽きることもないのかなあ。ふとした閃きでしかこの類のは思いつけないっす。


・自分が欲しいのは

 ギャグセンスよりユーモアセンスのほうなんだよな、と気付いた。「イヴの時間」というアニメを最近観たけど、所々に自分が目指したいユーモアが含まれている。
 生涯で何度もみたくなるのはレッドカーペットの芸人よりチャップリン、というのに似てるかも。どちらが高尚とか言いだすのはくだらないですが。どちらも楽しめる人が一番幸せだから。
 というかイヴの時間は全体的に完成度たかかったので機会があれば観て欲しいです。
PR

コメント
無題
知ってるか……実はたまにちゃんとチェックしてるんだぜ……。

てかmixi登録しようぜ。今日記とかそっちでやってるから。

サンタこえー、は吹いたw
【2009/11/29 08:42】 NAME[ガルド] WEBLINK[] EDIT[]
無題
>ギャグセンスよりユーモアセンス

凄く分かります。今コメディ書いてるので痛いほど分かります。
あと、変態成分とエロ系無しのコメディも挑戦したいです。本当の「掛け合い」だけで笑わせられるような……高望みでした。

ガルドじゃないですがミクシィはリアルにやっていいかと。そんな危険な場所でもないですよ。
【2009/12/06 00:53】 NAME[蜻蛉] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/12 ガルド]
[02/02 北加チヤ]
[01/04 ガルド]
[12/06 蜻蛉]
[11/29 ガルド]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索