忍者ブログ
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 何事にもそれを構成する要素というものが複数あると思うのですが、小説を書く人間には鋭い切り返しがひとつ必要なのではないかと。
 自分の友達には時おりもの凄い強者な返しをするやつがおりまして。たとえば、

「ねえ、趣味は何?」
「え? うどんを千切って食べることかな」

 とかいう右腕の毛が濃いやつや、

「お前鼻血でてるぞ! 大丈夫かよ!」
「ごめんオーラが迸っちゃった!」

 とか笑顔でいう筋肉質や、

「先生、お腹が痛いのでトイレ行っていいですか?」
「あー、頑張れ」
 という別なやり取りの直後に、
「先生、お腹空いたので保健室行っていいですか?」
「馬鹿だなお前……行くなら給食室だろー」

 とかアホな会話する生徒と教師がいたり。中学とはいえ何だったんだあれは。


 まあ上記は参考程度に置いといて。自分はまだ酷評らしい酷評をいただいたことがありません。でもそのうち来ると思うんですよ。そしてすぐに鋭い返しができるとも思えないので、酷評を貰った際の対応を今のうちに練っておこうかと。
 ただし重要なのは、その評価を安易に消したりコメントで必要以上に反論しないこと。その正当性如何を問わず、荒らしさんにレベルアップするのを助長することになりかねません。
 しかしまあ腹の虫が治まらないことも時にあるでしょうし、そんな場合に何も抵抗しないのも負けた感じがして嫌ですよね。
 そこで自分のなかの現段階最良策が、一見すると酷評を甘受してるようにみえて実はネタでからかってるという地味な反撃コメント。例としては、



名前:何でもありのジャーニー

 つまらない。何が面白いのか分からない。小説をもう一度勉強したほうがいいんじゃねえの?

文章:★☆☆☆☆
作品:★☆☆☆☆
出版:買わない

    ++++++++++++++++    
    ▼返信コメント▼    

ありがとう。いい薬です。

名前:現




 意味的に適切だったりするところがいい感じです。ぱっと見じゃネタだと分からないでしょう。

 でもここを見られてたら余計こじれるよな……
PR

コメント
無題
死(吹)んだ…orz
【2008/04/02 00:21】 NAME[ガルド] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[03/12 ガルド]
[02/02 北加チヤ]
[01/04 ガルド]
[12/06 蜻蛉]
[11/29 ガルド]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索