忍者ブログ
[152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前々から自分の書く作品には何かが決定的に足りないと思い続けていたわけですが、ようやくそれが「エロと狂気だ!」と閃きました。
 しかしここは普通にエロを目指してもつまらない。というかなろうに掲載できません。
 そこで僕は思うわけです。もはや本能さえも凌駕した、狂気的にエロい主人公をR指定なしで生み出したい。つまりは「なんかエロい……!」としか表現できない感覚を超越したエロ、超自然ERO(ミステリアスエロ)を体現させた究極の主人公をっ!


 しかしミステリアスエロか。略してMERO、つまりメロい……。マロいの親戚みたいだ。マ行つながりだな。とすると……マロい、室井、メロい。そういうことだ。つまり会議室ではなく現場、現場でこそメロさは完成されるということか。
 だが現場とはどういうことだろう。現場とはなんだ。事件か? 事故か? 事故……じこ……じご……事後! そうか、すべては事が済んだ後、その時間における振る舞いにこそメロさは集約されるのか!
 ここまではいい。完璧だ。として、事というのが何を示すのかが肝になるな。この場合、短絡的に答えを出すのは良くない。そう、原点回帰だ。メロさは基本姿勢として、それが超自然的であることに基づいた衝動だという定義をはらんでいる。
 感覚では捉えがたい。そういうエロさ、か。
 ……例えばそうだ、とある婦女子が何らかの失敗をしたとしよう。それをフォローした後、つまり事後、婦女子はどういう対応をするだろうか。
 想定パターンA。謝罪。
 オーソドックスだ。「次は頑張れ」あるいはより親密ならば「感謝しろよ」などの返答をこちらはするだろう。普通だ。別段メロくはない。
 想定パターンB。てへっ☆。
 惚れた弱みでもなければ北斗神拳の餌食にしたくなるだろう。☆ってなんだ。死兆星かこやつめ。怒りはわくがメロさは湧かない。これも違う。
 想定パターンC。恥じらいとも落ち込みが混ざったような、どうすればよいのだろう、お礼を言うべきか謝罪を言うべきか反省を述べるべきか弁解を述べるべきか、それを迷っているような、こう、なんとも言えない……

 そうか、つまりこれがメロさか!

 これは慎ましさや庇護欲も一部混じった一例に過ぎないが、何らかのアクションの後における曖昧模糊とした態度、それが良い方へ作用した時、いわゆるメロさを感じるのかもしれない。ならば(以下略)

 こういうような過程を経てアイデアが産まれます。途中で飛躍やら脱線を繰り返すので最終産物はわけわからんことになることが常。むしろ経過でポロリと生じるアイデアのが利用価値が高かったりします。



あと、秘密基地のこれ系列スレに時々参加してたり。今回は人物描写が主なのですが趣旨に逸れるのでここに書くことにします。


-----

 今では高校生ですら珍しくない茶に染めた髪。もちろん化粧も忘れちゃいない。携帯は可愛らしさをアピールするためにピンクを選んだ。制服はすぐそばの公立高校のもの。
 けだるそうに頬杖をつく。ストローをくわえ、先をコーラの頭上でぷらぷらさせる。そして中身のさして詰まっていないメールのやり取りを惰性で交わし続ける花も盛りの女子高生。──周りからはそう見えていることだろう。本当は七年も前に卒業した。
 万全、と変装にわずかなスキもないことを自画自賛して、わたしは携帯を操作した。
 この機種は内側の、画面上部にカメラレンズがついている。文字を打っているように見せかけながら、ゆっくりとカメラをズームしていった。
 すこし画質が荒いが問題ない。今回の調査対象であるカーキ色の服を着た男性が、たしかに後方にいるらしいことが画面に確認できた。
 彼と交際している女性から頼まれた浮気調査。それが今回の依頼だ。カーキ色の彼が、彼女と会わない日に必ず会う相手がそばにいるグレーの服を着た人物である。
 ただし問題があった。そこまでは判明したのだが、どうやらグレーの人物は見紛うことなく男なのだ。そして尾行をするうち、まことに言いにくいのだが、彼らが確かに恋人関係らしいことも判明した。
 ふう、とストローから吹き出すため息が飲み物に波紋を描く。さて、彼女に伝えていいのだろうか。悩みものだ。

-----

 ……そんな内容の小説をサイトで見つけ、まるで今の自分の状況を描いているみたいで気味悪いな、とわたしは頬杖をついた。
 違うとすれば、わたしは年をごまかした探偵なんかじゃないとこだろう。だってれっきとした高校生なのだ。高校生で、女装をした探偵なのだ。
 にしても、依頼者にはどう伝えよう。
PR

コメント
無題
自分もエロさが足りないと苦悩してます。しかし、自分の思想は「R指定じゃないけど、明らかにアウト」なものです。

どうでもいい話ですが、官能小説の超言語世界に身を浸かってみたいとか凄く思います。ハイパー兵器とかマジ最高です。
【2009/03/22 02:11】 NAME[蜻蛉] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/12 ガルド]
[02/02 北加チヤ]
[01/04 ガルド]
[12/06 蜻蛉]
[11/29 ガルド]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索