忍者ブログ
[95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 原発事故が起こった。爆発を起こした原子力発電所を中心に、半径30kmは禁踏区へと変わってしまった。
 それから九年。九年が経った。
 海に面した境界で区切られ、禁踏区は円ではなく半月の形を成していた。通称、ハーフムーン。和也はそこで暮らしていた。


 原発事故。契機。被曝。疎外感。双子の姉妹。シンクロニシティ。父親の失踪。母親の自殺。親戚との暮らし。離れ離れの双子。入れ替わり。殺害。裏切り。逃走。線。わが家。ハーフムーン。
 傷痕と思い出。あるいは忘却と無きものへの追随。欠けた半月。欠けた半身。生きる術。生きる手段。命を摘む。その意味、意義。言い訳。偽り。明確な殺意。残酷さと優しさ。獲物をなぶる高揚。
 惹かれるもの。死に場所。強い力。生きるための力。内と外。無関係な世界。爆弾魔。警告。刹那気を引き、黙殺されてしまう警告。反復される警告。反復される忘却。
 無意識下の選択。拒否。選ばなかったための殺人。そのための鈍感さ。人殺しを隠すための。自らを騙すための。罪悪感は切り裂いていく。無意識を。意識しないはずの無意識を。
 見つけたもの。少女。無邪気と無垢。殺すことへの躊躇い。力。強い力。守るための力。
 ──誰もこの子を殺す立場じゃない。
 仲間が殺された。復讐。復讐だ。殺し返す。殺す? 葛藤。躊躇と感情の均衡。殺したくない。守りたい。それだけ。それだけで──。
 そして、結末。顛末。終末。



 なんていうか、久々に重い作品を読みました。一つ一つのシーンが持つ意味。一貫したテーマ。あまりにも現実的すぎるフィクション。ただ圧倒されるばかりでした。
 もう読んでもらわないと分からない、としか言いようがありません。自分は批評が下手くそなうえ、この作品を語るには色々力量不足だと痛感しました。
 情景や過去、通称や象徴。それらがまとめて何かを暗示しているようでした。抽象的に、けれど粘りつくような確かさをもって、この作品全てをしての著者の『主張』は自分の中に重さを残しています。

 もし関心と時間があれば読んでみる価値はあると思います。この作品を読むことで、きっと、何かしら得るものがあるはずですから。

 作家ってすごいなあ……。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/12 ガルド]
[02/02 北加チヤ]
[01/04 ガルド]
[12/06 蜻蛉]
[11/29 ガルド]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索